日新グループの取り組み

新鮮・安心・安全のために最善を尽くす

新鮮・安心・安全のために

日新グループの「新鮮・安心・安全のために最善を尽くす」ポリシーは、新鮮な食材を日々仕入れ加工をすることはもちろんですが、皆様に安心・安全をお届けする各工場を少しだけご紹介させていただきます。

 

精米工場

日新の精米工場は、HACCPやISOは取得していないものの、大手外資系スーパー様からの厳しい工場チェックにも適合した、安全・安心な管理レベルで運営しております。

清潔作業区域と汚染作業区域を分け、異物の混入などには常に注意しています。

・左の写真は、玄米張り込み口。外部から入荷した玄米はここから投入し、準清潔作業区域の玄米タンクに流れ精米されます。

・精米され異物を取り除いた白米は、真ん中の写真、清潔作業区域の計量包装室へ流れ、袋詰めされます。

・袋詰めされた製品は、同じく清潔作業区域内背品置場(右の写真)で一時ストックされ、計量作業終了後に荷詰め作業室に運ばれ梱包されます。

精米工場の様子

食肉加工工場・魚介類加工工場

食肉加工・魚介類加工工場も、HACCPやISOは取得していませんが、安心・安全の手順をスタッフで共有し、最善を尽くしています。生産者履歴の確認、定期的な食品衛生検査はもちろんのこと、独自の衛生ルールを設けスタッフ一同取り組んでおります。

写真は、日々の作業風景の様子です。

食肉・魚介類加工工場の様子
Copyright © Nisshin Group Co.,Ltd. 2015 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com